バイナリーオプションが初心者にも向いていると言われるわけ

バイナリーオプション 国内は比較的新しい金融派生商品です。通貨ペア、株式、商品など、様々な価格のあるものに対して取引をすることができます。判定時間に決められた価格より高くなっているか低くなっているかのみを考えて投資を行います。そのため、FXや株のように値幅は関係ありません。バイナリーオプションでは、購入した時点で、損失と利益の価格が決まっています。FXや株の信用取引では予想と大きくはずれて大きく動いてしまったとき、預け入れている証拠金以上の損失が出てしまうことがあります。このマイナスになってしまったものを追加保証金(追証)と言います。もし証拠金以上の損失が出た場合、マイナスになった部分は借金となってしまいます。海外にはもしマイナスになったとしても、ブローカーが損失を埋めてくれるため、追証なしとしているところも多くありますが、残念ながら日本国内で取引をしている限り追証なしの取引はできません。FXが危ないと言われている大きな要因でもあります。そのため、FXや株取引では、購入するタイミングも大切ですが、それ以上に利益と損失を確定するタイミングも大切なのです。
また、バイナリーオプションは上がるか下がるかの二択しかないため、確立だけで言えば50%で取引が成功します。それに加えて経験や知識と言った要素が入ってくるため、FXや株で利益を出せなかった人でも利益を出しやすい商品です。清算は自動的に行われるため、FXや株のナンピンのようにどんどん持ち高が膨らんでいき、精神的に重しになるようなこともありません。
現在日本で取引されているバイナリーオプションはラダータイプと呼ばれるものです。ラダータイプでは、いくつかの価格帯に仕切られており、その仕切りを越えるか超えないかを予想して取引をします。現在の価格から離れているところほど安く購入することができますし、すでに現状のまま判定を迎えれば取引が成功になるようなところは、高くなっているなど、リスクに応じた取引ができます。

 

 

FX初心者のためのレバレッジの基本

 

FX初心者が絶対に知っておかなければならないのがレバレッジです。株式投資や債券投資と異なるのは、高いレバレッジをかけられることです。レバレッジをかけられるために、少額で大きな取引ができることがメリットだと取り上げられることがありますが、すべてについてメリットがあるわけではありません。デメリットもあるという点に注意が必要です。

 

そもそもレバレッジとは、預けた証拠金に対する取引の大きさを表します。たとえば、10万円の証拠金を預けて、1万ユーロの取引を行った場合、仮に1ユーロ=140円であれば、レバレッジはいくらでしょうか。1ユーロが140円ですから1万ユーロは140万円です。そして証拠金が10万円ですからレバレッジが14倍だと言うことはすぐに分かるはずです。たった10万円を預けることで140万円の取引ができるのですから、メリットとしてとらえることもできますが、少し恐ろしいと考える人もいるでしょう。

 

もしもユーロが暴落して1ユーロ=130円になった場合、どうなるでしょうか。1ユーロあたり10円の損失が出ますから、1万ユーロの買いポジションを持っていれば、10万円の損失となり、証拠金は吹っ飛んでしまいます。一気にユーロが下落して1ユーロ=120円になったとすればどうなるかというと、たいていはそれまでに強制的にポジションが決済されますが、それさえできない状態であれば20万円の損失が発生します。10万円しか預けていたいのですから、さらに10万円を支払わなければなりません。

 

このように、レバレッジをかけることによって損失は拡大しやすいと言うことは頭に入れておかなければなりません。FX初心者にとってレバレッジの計算は少し難しいかも知れませんが、ある程度はできるようになっておくべきでしょう。それとともに、FX初心者であっても、レバレッジを高くするとリスクも高くなると言うことは頭に入れておくべきです。

 

 

FX初心者はマージンコールでやめるべき

 

「追証は最良のアドバイス」とは、株式投資においてよく言われることの一つです。追証とは、証拠金の追加です。損失が発生して証拠金が足りなくなってきたために、取引を続けるためには証拠金を追加しなければならないという状況になることがあります。レバレッジに関する規制があるために、損失が発生したときに追証が発生するのは仕方のないことでしょう。

 

このようなシステムだと言われれば、FX初心者もそう思うかも知れませんが、良く考えてみて下さい。追証を入れなければならないと言うことは、そこまで大きな損失が発生していることを意味します。FX初心者であってもな買っても、取引をする目的は利益を得ることでしょう。それにもかかわらず、損失が発生しているのですから、もはやそこで取引をいったんやめるべきでしょう。

 

FX初心者がやりがちなのが、損失を取り戻そうとすることです。損失を取り戻すことができればいったん取引をやめようと考え、必至になって取引することがあります。しかし、このような状態で利益を得るのは困難です。一人の投資家の損失と関係なく為替相場は動くという点に注意が必要です。ある投資家が損失を抱えて、それを取り戻さなければならないと考えること自体が足かせになります。それを背負って戦わなければならないのでは、不利に決まっています。

 

まずは冷静にならないと勝野は難しいですから、マージンコールが発生した時点でいったんポジションを閉じるべきでしょう。そんなことをすると損失が確定してしまうではないかと考える人もいるでしょう。ここで注意しておかなければならないのは、確定していてもしていなくても、損失が発生していることは事実だということです。確定させずにいると損失が拡大することもあります。取り戻せる可能性もありますが、拡大する可能性があることを考えれば、いったんポジションを閉じて、冷静になれるまで待った方が良いと考えられます。

 

 

1000通貨単位でトレードが出来る事

 

1000通貨単位でトレードが出来る事では、業者によってその通貨単位の最低価格はありますが、1000通貨単位でトレードが出来る事に関しては、やはりそれだけ仕込みを大きく行える事で投入する金額も小分けして行く事が出来ます。
少しずつでもトレードで利益確定を行っていく事となれば、やはり口座の残高も少しずつ増えていく形となり、そこに関しては色々と調べる事が大切となっていて、色々な面から1000通貨単位でトレードが出来る事に関しては、とてもメリットのある状況と言えます。
やはり通貨単位の額が大きくなってしまうと、それだけリスクヘッジを行う事も大変であり、上下に動いていく事でかなり損の幅が増えたりする事も考えられます。
そこを考えながら通貨単位が1000通貨単位でトレードが出来る事では色々と考え方も広がっていく事となり、リスクヘッジなどもしっかりと行いながら、トレードを行う事が出来ます。まずは通貨単位の広い取引業者を見つける事も素晴らしい事であり、それが実現する事となれば、やはり色々な面でより良いトレードを行っていく事となり、1000通貨単位でトレードが出来る事のメリットは最大限に生かせる事となります。
通貨の種類に置いても数多くの通貨が取り扱ってあるFX業者を見つける事では、それこそ投資の幅が広がって行く事が考えられる事から、1000通貨単位でトレードが出来る事の細分化により、トレードを行う細かな状況から、そこで損をしない為に損切りも細かく行えたりする事など、とにかくトレードに関して色々と考える必要があり、そこで見出されるトレードに関してもやはり1000通貨単位でトレードが出来る事で素晴らしい条件で取引を行っていく事となります。
トレードの幅が出来る事では、投資を行うチャンスも広がる事となりやはり通貨単位の幅が広がる事は特にトレードに関して良い情況で購入する事や売却する事も可能となっていく様です。

2015/06/04 13:39:04 |
サポートラインまで引きつけて買った豪ドル円のポジションは、ラインを突き破り、危機一髪状態に陥りました。94.40で買いましたが、相場は94.31まで落下。94.30に損切りが設定してあります。あと1PIPSで損切り決定じゃないかって冷や冷やしました。奇跡なんて起きないんじゃないかって思ってました。大抵の場合、ほぼ損切り。奇跡は皆無に近い。ところが、今回は運が良かった。あと1PIPSのところで逆行しないで上に行きました。そして現在、見事利が乗って、豪ドル円は95.47です。あきらめなくてよかった。奇跡的生還です。この現実って、テレビで放送されている北野たけしプレゼンツのアンビリバボーですね。そう...
2015/06/04 13:39:04 |
ゴールデンウィークなのに豪ドル円が優勢的に買われ、東京時間午後にタッチした95円をニューヨーク時間に再度タッチしました。ニューヨーク時間では東京時間の高値を越えてくるという強い相場でした。ニューヨーク時間になる前、チャートを開くとサポートラインに支えられてゆっくりと上昇していました。じわじわ上昇です。急激な上昇ではなく小さな波を作りながらゆっくりと上値を切り上げていたので、これは大丈夫だと判断して買ってみました。FX初心者のときは大きなろうそく足でほとんど押し目を作らずに行くのが強い上昇トレンドだと思っていました。だから、そういうときは必ず買っていました。しかし、押しが深すぎて損切りにあうこと...
2015/06/04 13:38:04 |
FXや株式投資だけでなく投資全般に言えることは、不必要に取引をすることです。特にFXの場合は不必要に取引すればするほどにスプレッド分の損をしていますし、まったくもってプラスになることはありません。世の中ではスキャルピングで儲けられるように書いている書籍やネット情報が散乱していますが、これを信じているようではいつまで経っても負け組のままです。冷静に考えてみて欲しいのですが、スキャルピングで簡単に儲けられるなら、雑誌やネットでその情報を売る必要がありません。こんなことを鵜呑みにする人は、パチンコの攻略詐欺に引っ掛かる愚か者と大差ないのです。たとえば株式投資ではウォーレン・バフェットが有名ですが、彼...
2015/06/04 13:38:04 |
自分がどんな日常生活を送っているのかでトレードに影響してくるのではないかと思います。トレードで勝つための理想の日常生活は時間をしっかり守る、言われたことをしっかりやる、自分で決めたことを守る、です。トレードと関係ないように思えますが、実は関係があるのかもしれないと思っています。もし、自分の決めたことは守らない、言われたことを守らない!だったらトレードで勝てると思いますか?トレードをやる上で、自分が決めたルールを守ることが大切です。たとえ1回でも自分の決めたルールを破ってしまえば、まぐれで勝てても、継続して勝つことは難しいと思います。私は、今までトレードをしてきて感じたことがあります。ルールを守...
2015/06/04 13:38:04 |
トレーダーの間では豪ドル円はいろんな呼び名で呼ばれています。私は豪ドル円と呼んでいますが、コアラとかオージーとかって言われています。また、類似的な動きをするニュージーランドドル円はキウイと呼ばれています。面白い呼び名だなぁと思いました。豪ドル円はオーストラリアの通貨で、コアラが有名です。なので、コアラなのです。雰囲気出てるし、親しみが持てます。オージー円ってオージーだけにおじさんって感じです。長年豪ドル円でトレードしていますが、動きがリズミカルで好きです。あと、なかなかの暴れん坊さんです。喜んだり沈んだり、わかりやすいです。そんな豪ドル円のチャートを今眺めています。さっき94.60で売りました...
2015/06/04 13:38:04 |
FXの個人投資家の多くは戻り売り、押し目買いでトレードする傾向があります。相場は一定の範囲で上下動を繰り返す波のような動きを見せるため、レートが下がったところで買い、上がったところを売ることで利益を得ようとするからです。通常はそのような戻り売りや押し目買いで綺麗に利益を収穫できても、そのような個人投資家の思惑を狙って欧米のフェッジファンド勢が「仕掛け」て来ることがあるのです。2,3ヶ月に一度のペースで、半日かけてドル円相場が1円以上円高に振れることが見られますが、そのような時がまさしくその「仕掛け」である場合が多いと思います。欧米のフェッジファンド勢が日本人が寝てしまった金曜日の深夜帯に、日本...
2015/06/04 13:38:04 |
豪ドル円は、政策金利発表を終え、利下げによる不安材料が消えました。明日、5月8日金曜日は米ドル円にとっての大事な指標、雇用統計が待ち受けています。結果が気になるところなので、米ドル円は他の通貨の中で一番値動きが落ち着いています。現在、下げていますが、売るのは控えたいですね。豪ドル円と米ドル円のチャートを比べて見ると、同じ波形を描いています。豪ドル円よりも若干米ドル円のほうがやりやすい感じがしました。いつもは豪ドル円一筋ですが、たまには別の通貨のチャートを見てみるのもいいですね。同じパターンだった場合、よりやりやすい方を選ぶことができます。米ドル円と豪ドル円のチャートを比べて思いました。米ドル円...
2015/06/04 13:38:04 |
トレードをしていて心が折れそうになったことは誰でも1回はあるのではないかなって思います。そして、多くの人は、チャートとにらめっこして検証を重ねたりと一生懸命じゃないかなって思います。誰もが勝ちたいという気持ちでFXをやっています。勝ちたいからこそ一生懸命になって練習します。これは、素晴らしいことです。でも、一生懸命やっているのに結果がついてこない。相場環境の変化で自分のパターンが通用しなくて負けが多くなった。このようなことが継続した場合、これがたまにの場合はいいですが、続くと心が折れやすくなってしまうと思います。そんなとき、どうしますか?パソコンを切って相場から離れる。相場環境が戻るまで辛抱強...
2015/06/04 13:37:04 |
東京時間の豪ドル円は、95円にタッチしましたが、すぐに押し戻されました。しばらくは94.90から95円手前まで粘りのある値動きをしていました。日経平均は続伸スタート。先週金曜日、特に問題のある材料は出なかった。本日も特に悪いニュースは見当たらない。だけど、なぜか上値の重い動きをしていました。あれっ?と思っていると、豪ドル円が上値の重い動きをしているというニュースが入ってきた。どうやら200日移動平均線に抑えつけられているらしい。200日移動平均線は、多くのトレーダーが使用しているそうである。私は、移動平均線を表示しなければ、他のインディケーターも表示させずにやっています。たまに、移動平均線を表...
2015/06/04 13:37:04 |
エントリーするときに見るものと言えば、チャート。そして、相場に入ってくるニュース。この2つは誰でも見ていると思っています。相場環境が値動きに関係してくるし、チャートを見ないとめちゃくちゃな位置で入ってしまいます。これは不安です。私は、しっかりと相場環境をニュースで把握して、チャートと照らし合わせて入りたいという考えから併用して使っています。ところが、チャートについての記事を読んでいたとき、こんな人もいるんだなという新しい考え方に出会いました。中には、チャートを全く見ないという人もいるそうです。さらに、相場に入ってくるニュースも見ないようにしているそうです。どうしてチャートを見ないのかというと、...