お金を借りる理由とは?金融に詳しくなろう

気軽にお金を借りる方法とは

お金に困っているから気軽にお金を借りる方法を紹介して欲しいと考えている方は多いと思います。実際にお金を借りるにしても友人や親族や知人から借りるととなればトラブルの原因にもなってしまいますし、切りだせない事が多いでしょう。よく金の切れ目が縁の切れ目と言うように金銭絡みのごたごたによって関係が解消されてしまう事が多々ありますので気軽にお金を借りる方法を探している方は実際に多いです。

そういった方におすすめの方法としてあるのが銀行や消費者金融からのキャッシング(お金を借りる方法はこちらになります。親族や知人からお金を借りるとトラブルの原因にもなりますし、経済的に困窮している方だと行政機関から受けられる公的貸付制度もありますがそれの対象になっていない場合だと、どこから借りれば良いのか困ってしまうでしょう。そういう時に役に立つのがキャッシングになりまして、気軽に利用できるようになっています。消費者金融と聞くと取り立てがこわい利息が多いといったイメージが強いかもしれませんが、しっかりとした所で利用すればそんな事はありません。それに計画的に利用する事によって利息もそんなに大きくなりませんし、返済も延滞する事なく行えば取り立てされる事もありません。また消費者金融だと利息が高い表記になっているのでイメージ的に高額になってしまうと思いがちですが、しっかりと計算しておけばそれほど高くないという事が分かります。

どうしても利息を安くしたいという場合は銀行のキャッシングを利用すれば良いですし、消費者金融でも無利息サービスを行なっていますので気軽に利用する事ができます。それに急にお金が困った場合であっても即日融資が可能となっていますので突然お金が必要になったという場合でも安心して利用できます。今だとパソコンやスマホから申込む事ができ審査もその日にうちにやってくれますので休日であっても即日融資が可能な場合もあります。突然お金が必要になってどうしてもお金を用意しないといけない場合は気軽にお金を借りられるキャッシングが良いでしょう。

ビジネスローン・銀行からお金を借りる

ビジネスシーンで銀行からお金を借りるときに気をつけたいことですが、使用用途として事業の資金に使用することが禁止されている場合があるので注意が必要です。ただし経営者などがもともと自分の生活費を事業の資金に回していて、生活費のために銀行からお金を借りるのは大丈夫なので覚えておくと便利でしょう。事業資金としてお金を借りる場合は、ノンバンク系の事業者用のビジネスローンや大手の消費者金融や公的融資などを利用しましょう。

短期間に少額のお金を借りる場合は、大手の銀行系を利用することも可能です。借りる金額が大きい場合は事業者向けのビジネスローンを利用しましょう。個人がお金を借りる場合ですがカードローンというものがあります。大手銀行の主なカードローンですが、三井住友のカードローンは金利は4.0パーセントから14.5パーセント、利用限度額は最大8,000,000円、審査は最短30分、限度額3,000,000円までなら収入印紙不要です。三菱東京UFJのカードローンは、金利が4.6パーセントから14.6パーセント、利用限度額は5,000,000円、審査まで最短30分、来店不要で土曜日や日曜日もキャッシング可能です。みずほカードローンは、金利は3.0パーセントから14.0パーセント、利用限度額は最大で10,000,000円、審査は最短で即日、限度額2,000,000円までなら所得証明書が不要です。りそなのカードローンは金利が3.5パーセントから12.475パーセント、利用限度額は8,000,000円、審査は最短当日、利用限度額3,000,000円までは所得証明書が不要です。銀行からお金を借りることのメリットとしては、総量規制の対象外となるので年収の3分の1以上のお金を借りることが可能で、借り換えのときも便利です。低金利でお金を借りることが出来ます。銀行なので安心感や信頼性が高いということもポイントが高いでしょう。

お金を借りる必要がある学生はどうすればよいか

学生でもお金を借りる必要がある場合はどうすればよいのでしょうか。今の時代、社会人になっていない学生でも、何かとお金がかかることが多いです。例えばですが、自動車の運転免許の取得や、各種資格の取得、さらには卒業旅行にいく場合の費用など、いずれもある程度のまとまった金額が必要です。アルバイトをしていれば、それらの費用も多少賄えるものの、それでもどうしてもお金が足りなくなり、借入が必要になってくるケースもあるでしょう。

一番安心なのは、親にお金を借りて、少しずつ返済していくという方法です。しかしながら、この不景気の時代では、なかなか自分の親といえども金銭面的なことは相談しにくいことも多く、気が引ける若者も少なくないそうです。また、友人などにお金を借りるということも考えられますが、お金の問題が友人関係が壊れる原因となることも多く、できれば友人とのお金の貸し借りは避けたいと考える方がほとんどでしょう。もちろん、しっかりとアルバイトをしている学生であれば、返済はしていくことが可能でしょう。身近な人からお金を借りるのに抵抗がある学生へお勧めなのが、大手ローン会社が行っている学生ローンというものです。このローンを組むには、ある程度の期間アルバイトを続けており、かつ、ひと月の収入が一定額以上である必要があるといった簡単な審査をクリアする必要があります。ただ申請自体は難しくないので、どうしてもお金が必要という場合には申請を行ってみるのも一つの方法でしょう。

ただローンである以上は利息が存在します。社会人にとっては当たり前と言える利息ですが、学生にとってはこの利息に関しての認識が甘く、場合によっては無理な借り入れを行い、返済をしていくことができなくなるケースも見られます。学生ローンを組む場合は事前にこのあたりのリスクをしっかりと調べた後、実際にローン会社に詳しく相談したうえで組むことが望ましいと言えるでしょう。

お金を借りる方法によるメリットとデメリット

お金を借りる方法というのはいくつもありますが、それぞれにメリットとデメリットがありますからそれをよく理解して利用をすることが大切です。まず、知っている人から借りるというものがあり、友人であったり知人、親類など身近な人から借りるというのはよくある方法です。このような人たちからお金を借りる場合、金利の面で負担が少ないのが大きな利点となります。貸してくれるかどうかは別にして、大金を借りても金利がかからないということもありますから、金利の負担があるだけでもかなり厳しいというときには一番いい借り方と言えます。デメリットとしては、金銭の貸し借りというのは人間関係を悪化させる理由として非常に大きなものとなっていますから、金額の大小にかかわらず人間関係が悪化してしまうということもあります。一時的な貸し借りであればともかくとして、まとまった金額を長期間借りるというのはどちらにとっても負担が大きなものとなってしまいます。そのため、人から借りる場合にはそこで関係が終了する覚悟で借りる必要があります。

カードローンといった消費者金融のサービスを利用するという方法もありますが、これは人から借りるのとは逆に精神的な負い目を感じずに気軽に借りることができるというのが大きな利点となります。金利と元本の返済さえすれば借りる側がお客様となるので、堂々と借りることができますし嫌な顔をされるかもしれません。そのため、金利のことを抜きにすれば非常にお金を借りやすい方法となります。デメリットは言うまでもなく、金利が発生するというものであり特に消費者金融は金利が高めであるため、金利の負担が重くのしかかってきやすいのが問題となります。ある程度大きな金額の場合、銀行から借りるという方法もありますが、これも借りる側がお客様となるので借りることに対して心理的な負い目を感じることがありませんし、更に金利も低めなので負担が軽いのが魅力です。欠点としては融資の審査が厳しく、融資を受けられてもそれまでに時間がかかってしまうというものがあります。

アコムの借り換え専用おまとめローンを利用しました

大学生の時にクレジットカードを作ったのですが、これがまずかったんです。元々金銭感覚の無い子どもだったのですぐに使い切ってしまいました。そして、使い切る頃には違うクレジットカードに申し込み。支払日になると他のカードから借り入れしてやりくりしていました。 そして、家もお金が無かったので大学は途中で退学。当時は水商売のアルバイトなんかもしていたのですが、支払いに学費にとお金がかかりすぎて私だけでは無理でした、奨学金をもらって進学したのに、本当に最低なことをしたと思っています。

その後はフリーターを続けていたのですが、クレジットカードもいっぱいいっぱいになってしまいましたので消費者金融を利用していました。まだ総量規制が入る前だったのでフリーターでも5社くらい借りれたんですよね。とはいっても、これがまた問題だったのですが。

このままではまずいと思い、派遣に登録しました。そしてその後正社員を積極的に雇用している会社からお声をかけて頂き、無事に正社員になりました。その頃は副業なんかもしっかりしてとにかく収入を増やすことを一番に考えたのですが、それでもなかなか借金は減っていかないんですよね。 そこでアコムのおまとめローンを利用してみることにしました。借り換え専用で新規の借り入れは出来ませんがそっちの方が良いですよね。ちなみにインターネットからの申し込みは出来ません。郵送なら出来るみたいですが、私の場合は実際に来店する事にしました。

話を聞いて下さった担当者さんはベテランっぽい男性でちょっと怖かったのですがしっかり話を聞いてくれて、駄目な生活をしてたこと、それから2年間はしっかり正社員として副業をしながら借金の返済をしてることなども評価してくれました。 おかげで審査にも通り、毎月の返済額がぐっと減ったので多めに返したりする事が出来るようになりました。借金はまだ半分程度残っていますが、このままのペースなら完済も遠い未来ではないと思います。

急な入り用も、キャッシングサービスで解決できる。

今さらなにを言うのかと、ものすごく当たり前のこと言ってるみたいで、つまらないかもしれませんが、お金というものは欲しいと思ったときにはないものですね。それも、大した額でないのに、あとちょっと足りない。なんか情けなくなってきます。よくよく考えると、こういう状況は給料日前に起こることが多い。だから、給料日前には派手な遊びはできないのです。

でも、充分に自分にそう言い聞かせてはいても、どうしても避けられない出費というものもある。それはいきなりの出張だったり、急な接待も考えられますね。そういう大切なことを前にして、お金が足りない。これはやっぱりピンチです。どうにかしなければいけません。さあ、どうすればいいか、ここが問題なのです。もう、社会人なのだから、親に泣きつくこともできないし。

ならこんなのはどうでしょう。手軽にキャッシングしてみるというのは。これはなにも恥ずかしいことではなく、大切な用事のための借り入れですから。もちろん、給料日に返済するという条件ならば、借金としての不安もないでしょう。それに今どきのキャッシングサービスというものは、かなりクリアで、安心できるし、なによりも便利。けっこう簡単に融資が受けられ、時間もかからない。

キャッシングサービスの特徴を端的に言いますと、もう、あたりまえのように皆さんが知ってる通り、担保も保証人も必要なく融資が受けられるということ。これはキャッシングが個人の信用でお金を貸してくれるというシステムになっているからなのですね。だから申し込みのときには身分を証明するものは必要です。

また、キャッシングのいいところは、短期間で返済できるのであれば、それほど利息もつかないという点ではないでしょうか。普通、昔から言われているところの借金は、この利息がどうも怪しかった。元金は返済できても、日に日に膨らむ利息までは手が回らない。借金地獄に陥るというのは、そういうことなのでしたね。

それに、今のキャッシングには無利息期間を設けているところも少なくありません。これを利用すれば、利息もなしで融資が受けられることになる。近いうちに必ず返せるアテがあるならば、急な入り用もこれで問題は解決できる。

初めての人には慎重に審査するキャッシング業界

お金を貸して欲しいっと叫んでも、誰が、貸してあげると言ってくれるでしょう。きっと皆、逆に逃げ惑う事だと思います。お金はとても大切なものであってお金の為にしんどい思いをして働いていたり、お金の為に、信頼を裏切り人を騙したり、お金の為に争ったり、お金の為にだけに生きている人は大勢いるのです。きっと殆どの人がそうであるかもしれません。

だからそんな貴重であるお金を誰が、貸してくれるでしょう。別所帯である、親や、兄弟や、親友に頼んで見ても、なかなか貸してはくれないでしょう。皆がお金の為に生きているので、そう簡単には貸してはくれないはずなのです。それをいとも簡単に貸してくれると言うのは、利息をきっちり取って、それを商売としているキャッシング業者くらいでしょう。

キャッシング業者は色々あって、銀行系、消費者金融系、信販系など色々な業界がキャッシングの業務をしています。その中で特に消費者金融業者は、初めての人には、何日間か無利息で融資するっと言う企業がたくさんあります。無利息で貸すなら儲けが無いのですが、それでも客の呼び込みで、そのようなサービスをしているようです。しかし、そんなサービスがついた消費者金融業者でも、そしてどの企業であっても、初めてのキャッシングの取引にはかなり慎重に審査します

初めての取引と言うことは、どんな人物か不明であるので、いくら書類を見ても、信頼が得られません。それで、初めての人に対しては、利用限度額を低めにされるのです。そうすることで、まず実際に取引をしてみて、何ヶ月か経った後に、この人は返済期限も守り、何も問題は無いと確信が持てたら、増額融資のメール連絡や、電話等をしてきます。信頼が得られるまで、多額のお金を貸して良いのか判断するのでしょう。だからキャッシング業者は、初めての人には慎重に審査するだと思います。審査は、収入額、在籍確認、書類照合、金融情報機関などの結果、金額を決めるのですが、これが、初めてならば、少し低めに設定される事でしょう。

スマートフォンを使って、いつでもどこでも、キャッシング。

あまり口に出さないようにしてきたことで、前々から思ってたことなんですが、ちょっとしたことでお金が足りなくて、ものすごく焦ったことってありませんか。わずかなお金がなくて、人に知られては恥ずかしいと思ったときは、きっと誰にでもあることだと思う。たとえば、明日、飲み会をやろうというとき、財布の中が寂しかったり。どうしようかと。

お金がないのならば、借りるしかないのですね。まさか今この時代に給料の前借りなんてできるはずもありませんから。でも、それを徹底的に真剣に考えてみますと、いったい誰に借りればいいのかと悩んでしまう。仲のいい友だちに借りるのもいいけれど、やっぱりお金のことですから、信用に関わる。また家族に借りるという方法もありますが、なんだか心配をかけてしまいそうですね。

ここに明るい情報があります。それならば融資を受けるという手段を使えばいいということ。いわゆるキャッシングですね。これはお金を貸すことが商売なのですから、何の気兼ねもいらないはず。ましてや今のキャッシングサービスというものは、ものすごく手軽で便利。だから多くの人がこれを賢く利用しているのです。

このキャッシングサービスの特長を簡単に言うということは、本当に難しいものでして。何が難しいのかと言えば、メリットがたくさんありすぎるのです。でも、その中からあえて選び出すとすれば、やっぱり手軽で簡単、そして早い、ということではないでしょうか。キャッシングは審査も簡単で、融資までの時間が極端に早い。これが売りなのですね。

忘れてはいけないのが、今やインターネットはあらゆるところで使われ、私たちの暮らしはかなり豊かになりました。このインターネットを使ってキャッシングをすることも、今の時代ならあたりまえのことなのですね。そして、時代はスマートフォン。このスマートフォンを使って、いつでもどこでも、キャッシングできる。本当、便利な世の中になりました。

アイドルの追っかけをするためにキャッシングを利用

私がキャッシングを利用するようになったのは上京してからのことでした。元々は地方に住んでいたのですが、とあるアイドルにハマってしまい、ライブなどに参戦するために東京に住むことにしました。ライブ自体は地方でも来てくれますが、地方だとやっぱりお給料が少ないのでフリーターだと辛いんですよね。その点東京ではすぐに働けるようなバイト先が多いと聞いていたので、色々な面で東京の方が良いだろうと判断して上京する事にしたのです。

東京に来てからは2年ほどフリーターをしていました。東京は家賃が高いイメージがあるのですが、安いところは安い。それでいてお給料の高いアルバイトがたくさんありますので、地方にいる時よりもずっと稼げていました。当初は稼げる事が楽しくてメインのアルバイトのほか、イベントやデータ入力も積極的にやっていましたので、大好きなアイドルのグッズもたくさん買う事が出来ました

しかし、段々とアイドルの追っかけに費やす時間とお金が増えていきました。ちょっと財布が厳しくなってくるとまた集中的にアルバイトすれば良いだけなので、甘く見てしまっていました。そんな中もどんどん新しい知り合いが増えていきますので、人間関係を維持するためにもおっかけを続けていました。

段々とそんな生活が続き、仕事のモチベーションも下がりついにキャッシングに手を出してしまいました。といってもフリーターなので10万円ほどしか借りれませんでしたが、今思うとこれが幸運だったと思います。 返済して少しでも枠が出来たらまた借りるといった生活をしていたのですが、結局そんな生活は長く続かないですよね。最終的にはお金が無くなり、好きなアイドルのライブにも行けないどころか他の支払いも滞るようになってしまいました。

そんな時、声をかけてくれた友人たちがいたのは幸いです。おかげで無事に仕事のモチベーションを取り戻すことが出来ました。今はキャッシングも全て完済しましたし、仕事を一番に趣味としておっかけも続けています。