お金を借りる理由とは?金融に詳しくなろう

お金を借りる方法によるメリットとデメリット

Posted on 2016年11月30日 by w8v1f1l0k8-t

お金を借りる方法というのはいくつもありますが、それぞれにメリットとデメリットがありますからそれをよく理解して利用をすることが大切です。まず、知っている人から借りるというものがあり、友人であったり知人、親類など身近な人から借りるというのはよくある方法です。このような人たちからお金を借りる場合、金利の面で負担が少ないのが大きな利点となります。貸してくれるかどうかは別にして、大金を借りても金利がかからないということもありますから、金利の負担があるだけでもかなり厳しいというときには一番いい借り方と言えます。デメリットとしては、金銭の貸し借りというのは人間関係を悪化させる理由として非常に大きなものとなっていますから、金額の大小にかかわらず人間関係が悪化してしまうということもあります。一時的な貸し借りであればともかくとして、まとまった金額を長期間借りるというのはどちらにとっても負担が大きなものとなってしまいます。そのため、人から借りる場合にはそこで関係が終了する覚悟で借りる必要があります。

カードローンといった消費者金融のサービスを利用するという方法もありますが、これは人から借りるのとは逆に精神的な負い目を感じずに気軽に借りることができるというのが大きな利点となります。金利と元本の返済さえすれば借りる側がお客様となるので、堂々と借りることができますし嫌な顔をされるかもしれません。そのため、金利のことを抜きにすれば非常にお金を借りやすい方法となります。デメリットは言うまでもなく、金利が発生するというものであり特に消費者金融は金利が高めであるため、金利の負担が重くのしかかってきやすいのが問題となります。ある程度大きな金額の場合、銀行から借りるという方法もありますが、これも借りる側がお客様となるので借りることに対して心理的な負い目を感じることがありませんし、更に金利も低めなので負担が軽いのが魅力です。欠点としては融資の審査が厳しく、融資を受けられてもそれまでに時間がかかってしまうというものがあります。